FC2ブログ

2011.03.17 (Thu)

講座の変更について

 
リラ自然音楽クラブ員の皆様へ


この度の東日本大震災にともないクラブ講座が変更となっています。

詳しくはこちらをご覧下さい → 

 
EDIT  |  23:09  |  リラ自然音楽クラブ講座情報  |  Top↑

2010.12.24 (Fri)

クリスマス・コンサート

 
19日は、特別講座「クリスマス・コンサート」でした。
歌唱講座で習った自然音楽やクリスマスカロルをみんなで歌ったり、
朗読や舞、さらに古い蓄音機によるレコード鑑賞などもありました。


1
熊谷えり子先生の司会で始まりました。


2

10
「きよしこのよる」「風邪ひき天使の歌」「はるかな木よ」など、
参加された方全員で歌いました。
ピアノは星野由利子さん


5
蓄音機によるレコード鑑賞。
解説は小池さん。宮沢賢治さんのエピソードなども!


3
頌歌隊による「くぬぎのうた」の合唱


4
大好評、リラ群読グループ。「水晶宮」を群読


6
青木由起子先生による7編の詩の朗読


8
青木由有子さんの歌。「鳥の歌」「アヴェマリア」など


9
月読かぐやさん。「アヴェマリア」の舞


7
コンサートの最後は、山波先生の朗読「鵞ペン 1999年のために」


もっと長くその場の雰囲気に浸っていたいなあと思うような、
とても清らかであたたかい素敵な会でした。

 
EDIT  |  09:00  |  リラ自然音楽クラブ講座情報  |  Top↑

2010.11.23 (Tue)

記念朗読会

 
リラ自然音楽クラブ員の呼びかけで結成された「山波言太郎の詩を読もう推進会」も、11周年を迎えました。これを記念して推進会の主催により「結成11周年記念朗読会」が催されました。

山波先生の詩集、著作から35名のクラブ員の方がそれぞれ作品を選んで朗読しました。
また今回は、リラ群読の発表もあり、とても充実した朗読会となりました。


2
「私の詩を毎年読んでいただいき、ありがとうございます。」
と山波先生より


1
「山波言太郎の詩を読もう推進会」会長の石川さん


4
大好評だった「リラ群読」 
21名の方が、青木先生の指揮で「水晶宮」を群読

3
癒しの朗読「デクノボー方式朗読法」の実習の成果を一生懸命、発表しました。
 
 
EDIT  |  09:30  |  リラ自然音楽クラブ講座情報  |  Top↑

2010.10.14 (Thu)

クラブ員の声

 
「歌唱講座」を受講されたクラブ員の方からのご投稿です
?月刊誌「リラ自然音楽」10月号より?



『アロエの歌』を歌ったら

8月6日に『アロエの歌』を教えていただいてから、毎日、ベランダのアロエに向かって歌っています。
1週間ぐらいしてフト気が付くと、やせていたアロエの葉が、みずみずしく肥り、背が伸びているようでした。私の声でも届いているのかな、と嬉しくなりました。

2週間もした頃、この夏の暑さで枯れたようになっていたミニバラの鉢につぼみが付いているのに気が付きました。次の日、そのつぼみが開いてくれました。それだけでなく、他のミニバラも蕾を付け、次々に花開いてくれたのです。

私のアロエは由有子さんの『アロエの歌』から貰った生命をミニバラたちにもお裾分けしたのかと感動しました。

ベランダの脇役だったアロエが輝いて見えています。
有り難うございました。

 
EDIT  |  09:00  |  リラ自然音楽クラブ講座情報  |  Top↑

2010.08.31 (Tue)

リラ自然音楽クラブ夏休み特別企画

 
「宮沢賢治祭」 企画:でくのぼう宮沢賢治の会
宮沢賢治生誕114年を祝い、年に一度の賢治祭が開催されました。

1
司会の熊谷えり子先生


2
でくのぼう宮沢賢治の会のみなさん


第一部 「ありがとう、宮沢賢治先生」
第一部では、朗読と写真による宮沢賢治先生の紹介や参加者全員で朗読や歌を楽しみました。
また、懐かしいリラ研の映像なども・・・。

3

4



第二部「四次元芸術コンサート」
第二部は、朗読、舞、歌のコンサートです。

5
ボランティア合唱グループによる「私のケンタッキーホーム」


6
青木由起子先生による宮沢賢治の詩の朗読
「一本木野」、「銀河軽便鉄道7月「ジャズ」夏のはなしです」


7
月読かぐやさんによる「流氷(ザエ)」の舞
「透明な自然界を表現する、氷の精の舞であると同時に、人々を銀河列車へ誘う舞でもあります」


8
青木由有子さんは、CD「遥かな国を行く銀河列車」より
「序曲」、「涙を越えて」、「アルレヤ」3曲を熱唱



楽しく、心のこもったお祭りは、あっという間に終了となってしまいました。

途中、とても美しい涙で溢れる場面もありました。
宮沢賢治先生や、みんなの本当の愛の心は、こんなにも美しい涙に変わる・・・。

さあ、すべての人を「銀河列車」へ!

 
EDIT  |  09:00  |  リラ自然音楽クラブ講座情報  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT